役に立つ装置

ちゅう

お水選びの注意点とコツ

赤ちゃんは大人よりも免疫が低く内臓もまだまだ弱いです。お口に入れるものには十分に気をつけてあげましょう。水道水には、そのまま飲用しても大丈夫なよう殺菌を十分に施してあります。殺菌には塩素を使用していますが、この塩素が赤ちゃんには負担になってしまいます。しっかりと煮沸しておけば塩素は除去されますので、間違ってもそのままあげないようにしましょう。煮沸だけでは気になるという方はろ過された、お水を使うと不純物が取り除けますので、上手く活用していくと良いです。少し手間がかかってしまいますが、一番低コストで行えるでしょう。難しい場合は市販のミネラルウォーターも活用すると良いです。その際でも、適したお水がありますのでチェックが必要です。

赤ちゃんのミルク作り

水道水を毎回煮沸して、ろ過するのは手間がかかってしまい、大変だというお母様もたくさんいらっしゃると思います。しかし、市販のミネラルウォーターにはミネラルがたくさん含まれており、やはりこのミネラルが赤ちゃんには負担になってしまいます。赤ちゃん用のミルクにはすでにミネラル成分が配合されていますので、過剰に摂取してしまうとお腹を壊してしまいます。購入したお水の中のミネラル含有量を確認して、使用しましょう。最近では、ラベルに「ミルク作りに使えます」といった記載があるものも増えてきていますので、チェックしておくと更によいです。ミルク作りに一番適しているのは、軟水と呼ばれるナチュラルウォーターです。やさしいお水を選んであげましょう。